サッとインターネットの引っ越し|オフィス移転後もサクサク進む業務

高メリットな転送手段

企業内のファイル転送手段として、ファイル転送サービスと呼ばれるソフトフェアが注目を集めています。このソフトウェアを利用することで、一度で簡単に大容量データファイルを転送することが可能となるのです。

もっと読む

インターネットで情報管理

近年、インターネットの活用というのは幅広いものとなってきました。企業においてもオンラインストレージと呼ばれるサービスにより、電子データをインターネット上のディスクスペースで管理することが可能となったのです。

もっと読む

ネット引っ越しの注意点

ネットワーク

インターネットの引っ越し、という言葉を聞いて鮮明はイメージを持つことのできる人は少ないかと思います。インターネットの引っ越しというのは、住居等を変更する引っ越しを行う際に、新しい引越し先にネット回線を移転させるものを指します。これは、企業においても多く発生するものでしょう。企業の場合、オフィスの移転によるインターネットの引っ越しが必要となります。インターネットの引っ越しを行うためには、移転手続きを行なわなければならないので注意しましょう。
企業において、移転手続きを行う前にやっておかなければならない項目がいくつかあります。それらの項目をやらなければ、オフィス移転後にネット環境を利用できないといったことがあるのです。まず、行うべき項目というのは移転先のネット環境の調査です。ネット環境というのは、対応エリアやネット回線開通の条件というものによって利用できるかどうかが決まります。つまり、移転前に使用できていたネット回線が、移転後のオフィスでは利用できないといったことがあるのです。ネット回線開通の条件というのは、ビルの作りや周辺環境によって決まります。そういった条件の調査というのは、プロバイダと契約している回線工事業者が行います。しかし、その調査期間は長くて1ヶ月以上になってしまうので、早めの調査依頼が必要となるのです。もし、移転後に調査を開始してしまった場合には、1ヶ月間はネット環境のないオフィスとなってしまう可能性があるのです。サッとインターネットの引っ越しをして、オフィス移転後もサクサク進む業務を実現させましょう。

販売工程情報を一元管理

製品の販売というのは、企業の業績に関わる大きなポイントとなります。販売には様々な工程があり、それらの工程で発生する情報というのは日々増えていきます。クラウド販売管理システムであれば、それらの情報を一元管理することが可能となるでしょう。

もっと読む