サッとインターネットの引っ越し|オフィス移転後もサクサク進む業務

高メリットな転送手段

ファイルデータ

近年、多くの企業の間でファイル転送サービスと呼ばれるソフトウェアが注目を集めています。ファイル転送サービスというのは、従来のファイル転送手段の問題点を改善した画期的なファイル転送手段です。従来のファイル転送手段の問題点というのは、大容量データファイルの転送を行うことが困難であるといった点にありました。なぜなら、転送のための手段が基本的にメールしかしなかったからです。メールでは、一度にGB単位の大容量データファイルを転送することができません。データファイルを細かく分割することでメールによる転送は可能となりますが、それでは送る側も受信する側も手間と時間が掛かります。その代替手段として、物理記憶装置に大容量データファイルを保存し受け渡すといった手段が用いられました。しかし、その手段においても問題点が存在します。物理記憶装置であるために、紛失や盗難、データ破損のリスクが発生したのです。
ファイル転送サービスでは、一度に大容量データファイルを複数の相手に同時に送信することが可能となっています。そのため、従来の転送手段が抱えていた問題は解消されたのです。大容量データファイル転送時においても、その転送経路は全て暗号化されているためセキュリティに関しても安心です。その機能性に関しても、誤送信時のデータファイルダウンロードの無効化等、小さなミスを防ぐためのものが充実しています。なにより時間や手間が全く掛からないため、企業にとって高メリットなソフトウェアとなるでしょう。